不動産投資とは?

不動産投資の流れ

区分マンション投資は、入居者がいて、延滞等がない限りは入居者からの家賃収入を毎月得ることができます。物件購入時の持ち出しを抑えるために金融機関からのローンを活用する場合には、月々の返済義務が生じますが、家賃収入を返済に充当することができますので、月々の持ち出しを抑えた形で資産形成をすることができます。(但し、物件所有に係る税金納付や物件の管理維持費等支払が必要となり、ローン返済後の収支が赤字となる可能性もあります)。

なぜワンルームマンションか?

日本の中でも特に東京では単独世帯の割合が約半数を占めています。単身者で独り暮らしの場合に好まれる1Kや1Rタイプの間取りのようなワンルームマンションは、不動産投資で重要な賃貸稼働率を確保しやすい投資対象といえます。(但し、物件の立地や間取り、築年数等の物件個別条件が賃貸稼働率に大きな影響を与えるため、ワンルームマンション全てが該当するものではありません)参考:総務省統計局令和2年国勢調査データより当社作成

不動産投資のポイント

1.将来対策

ローン完済後には不労収入源となり得ます。お金の不安から解放され、安心した将来を過ごすための資産形成方法をご提案します。

2.税⾦圧縮効果

中古ワンルームマンションであれば、購入後から5年を目安に、一定期間税金圧縮効果を享受することができる可能性があります。

3.生命保険の代わり

不動産の購入後にご自身に万が一のことが起きた場合には、団体信用生命保険(団信)が適用されます。

4.相続税対策

現金ではなく不動産を持つことで相続税評価額を下げることができる可能性があります。

5.インフレヘッジ対策

現金ではなく不動産を持っておくことで、インフレとともに不動産価格や家賃が相対的に上昇することが期待できるため、インフレ対策になり得ます。

オーナーになるまでのステップ

手続き開始からお引き渡しまで約1ヶ月!

※金融機関の状況等により期間が延長する可能性があります